上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket



【大紀元日本3月27日】


香港の政論雑誌 『動向』3月最新号によると、胡錦涛中央軍事委員会主席は2月23日、北京軍区及び北京の警備・守備に当たる北京衛成区部隊に対し、2月27日0時から今秋10月31日深夜0時までの間、警戒レベルを2級に引き上げるよう指示したという。

 
同時に、2月24日、北京の公安と警察当局に対しても、北京全域の警備レベルを1級に引き上げるとの命令が出されたという。さらに、国務院と中央軍委は北京市周辺6省市で「環京護城河」(首都防衛)計画の実施を発表した。

 
中国軍の警戒レベルは1級を最高レベルとし4段階に分けられ、「情勢が悪化し、中国大陸に軍事的な脅威をなす際」に2級に引き上げると定められている。

公安と警察による警備レベルは3段階に分けられ、1級とは「治安情勢が著しく悪化し、局地で騒乱・暴動・テロ事件が発生した際」の高度な警備レベルだという。

 
今回の警戒令は両会開始直前から中共第18回全国代表大会(18大)が終わるまで、計248日間に達している。期間の長さや規模の大きさは、例年の全人代期間中と北京五輪時をも超えている。

 
このごろ、重慶市元公安局長の亡命未遂事件を発端に、中央指導部内で内紛が勃発したとの噂が飛び交っている。

海外の華字ニュースサイトや香港紙東方日報は22日からネット情報として、中国の政治中枢である中南海から銃声が聞こえ、軍と武装警察が衝突し、クーデターが発生したのではないかとの憶測を伝えた。

その数日後、武装警察を管轄する中央政法委のトップである周永康氏の失脚が英紙・フィナンシャルタイムズによって伝えられた。

いずれも政府が公式発表した情報ではないが、大規模の警戒レベルの引き上げはこういった不安定な情勢と関連しているとの見方もある。



------------------------------------------------------------------------------------



【新唐人日本2012年3月26日付ニュース】


重慶市元書記・薄煕来の更迭後、意外な事件が浮上しました。


中国のメディア関係者によると、薄煕来の息子のイギリス籍執事が重慶で謎の死を遂げた際、事件を処理した王立軍は死因を調べないまま、遺体を火葬。25日、イギリス外務省は中国に事件の調査を求めました。


3月24に書き込まれたミニブログがイギリス外務省の注意を引きました。


“今日財政”の楊海鵬記者によると、薄煕来の息子・薄瓜瓜の執事でイギリス籍のビジネスマンHaywoodさんが重慶で謎の死を遂げたものの、重慶市上層部の阻止の下、死因の調査もないまま王立軍によって直接火葬が命じられたそうです。


南方週末の記者もこんな情報を提供。


2月15日早朝にあるメッセージが届きましたが、内容は王立軍が事件を調べた結果、薄煕来の妻・谷開来にまで辿りつき、結局「休暇式治療」を受けさせることになり、その後、米領事館に駆け込んだそうです。




DSC_0006.jpg
左から薄煕来の妻・谷開来、薄煕来、息子の薄瓜瓜


DSC_0007.jpg







Haywoodさんの死因は一体何なのか。駐中国イギリス大使館は“飲酒過量”と知らされたそうです。


しかし、事件から4ヵ月後、思わぬ事からこの事件が浮上し、ネット上で波紋を広げました。イギリス外務省は25日、中国側に調査を依頼したと声明を発表。


情報によると、薄煕来の妻・谷開来もすでに取調べを受けており、息子の薄瓜瓜もハーバード大学の授業に出ていないそうです。


薄煕来の前妻との長男・李望知も行方不明になっているそうです。


煕来の更迭によって思わぬ事件が浮上しましたが、真相はまだ謎のままです。


-------------------------------------------------------------------------------------



重慶市の英国人不審死で英政府が調査要請、薄氏解任に関連か


[ロンドン/北京 26日 ロイター] 

英政府は中国に対し、重慶市で英国人が死亡した件について調査を要請した。

重慶市は、薄煕来氏が共産党委員会書記を務めていた都市。薄氏は、次期最高指導部入りが有力視されていたものの、腹心の問題で解任された。

英政府が問題視しているのは、英国国籍のニール・ヘイウッド氏が昨年11月に重慶市で死亡した件。

中国のブログに、ヘイウッド氏の死亡が薄氏の解任に関係していると示唆するの書き込みがあった。

英外務省の報道官は「かれ(ヘイウッド氏)の死亡に不審な点があるとの情報を受け、最近、中国当局にさらなる調査を要請した」と述べた。

報道官は、同省が「この件に関するうわさや憶測を認識している」と述べたものの、信憑性についての判断は示さなかった。

北京の英国大使館の報道官によると、英政府は、ヘイウッド氏が昨年11月に重慶市でアルコールの過剰摂取により死亡し、火葬されたとの報告を受けたという。

薄氏の解任につながったとされているのが、同氏の腹心だった王立軍前重慶市公安局長の問題。王氏は市公安局長を解任された後、成都の米国総領事館に駆け込んだ。

これより先、2人の元中国当局者がロイターに、中央指導部が、薄氏と王氏の対立に関する報告書を回覧したと述べていた。米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙は、事情に詳しい筋の話として、王氏が薄氏にヘイウッド氏の死因は毒殺との見解を示した後、両者の関係が悪化したと伝えた。ヘイウッド氏は検視解剖もされず火葬されたという。

WSJはさらに、匿名の外交筋などの話として、王氏が薄氏に不利な証拠文書を米総領事館に提出したが、米総領事館は王氏を保護することで米中関係が悪化することを恐れ、拒否したとしている。

薄氏は解任の数日前の会見で、 根拠のない批判が広められている動きを、重慶市で取り締まりを行った暴力団幹部の企てと主張していた。

薄氏とその妻である谷開来氏のコメントは得られていない。両氏は、薄氏解任後、公の場に姿をみせていない。

英国の要請について、重慶市政府および中国外務省のコメントは得られていない。

英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙は、ヘイウッド氏について、北京で企業向けのコンサルタントをしていて、薄氏の家族と親しいと伝えた。

ヘイウッド氏は、複数の会社に中国に関する助言をしていた。その一つ、英情報機関OBが設立したコンサルタント会社Hakluytの広報は、ヘイウッド氏についてロイターに「長きにわたり、中国について助言を受けていた。われわれは彼に助言を求めていた人々の一人だった。かれの死に衝撃を受けている」と語った。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

北朝鮮ミサイル 日本落下”の可能性! ないとは言えない! ロケット燃料には 発がん性のある 『ヒドラジン』 という有毒物質

今の中国は解体直前の旧ソ連のよう 米専門家

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: