FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket



グリーンピースの活動家や、ロシア正教会でパフォーマンスを行った女性バンドのメンバーらに恩赦を決め、政敵 ホドルコフスキ- にも恩赦を決定した プ-チン…
ソチ・冬季オリンピックに向け、人権政策を西側にアピ-ルするのが狙いか?
ホドルコフスキーは アメリカ・ペンタゴンに操られ、ロシアを解体する画策に利用され、プ-チンの強行手段によって 国家乗っ取り が未然に防がれ、10年に渡って 投獄されていた…!!!



cho.jpg





2003年10月、ホドルコフスキーは逮捕された。彼は、無法なエリツィン時代、国有財産を詐欺的に入手し、彼が弱冠40歳にして約150億ドルの資産をもつ、ロシアで最も裕福な人物に成り上がった。
ホドルコフスキーの逮捕・追及は、2003年後半にホドルコフスキーがプーチン大統領への批判を公言し始め、ロシア連邦共産党を含む野党に対し献金を行っていたことであるが、話はそう簡単ではない…

ホドルコフスキーは、1998年以降、西欧と、目ざましいつながりを色々と作り上げた。国有財産、数十億ドルによって、彼は何人か有力な友人を得、オープン・ロシア財団という名の財団を設立した。彼はその理事会に、二人の有力な欧米人を招聘した。ヘンリー・キッシンジャーと、ヤコブ・ロード・ロスチャイルドだ。そして、彼はワシントンでも最も有力ないくつかの集団とつながりを作り始め、秘密主義的な非公開投資会社、カーライル・グループの諮問委員会に任命され、ジョージ・H.W.ブッシュや、ジェームズ・ベーカーIIIといった諮問委員仲間と共に理事会に出席していた。

彼はその人脈の後ろ盾を利用し、2004年に予定されていたロシア国会選挙で、ロシア大統領の座を手に入れるクーデターを実現する計画にかかわっていた。ホドルコフスキーは、来る国会選挙で、地中の石油とその輸送パイプラインの所有権に関するロシアの法律を変更するのに十分な議席を買収するのに、彼の莫大な富を使おうとしていたのだ。更に彼は、直接プーチンに挑戦し、ロシア大統領になろうとした。プーチンは当時、ロシア人オリガルヒから、その財産を使って、ロシア国内政治に介入することはしない限りは、その富を保持することが許されるという合意を引きだした。大半のオリガルヒは合意し、ホドルコフスキーも合意したが、ホドルコフスキーはその後、プ-チン打倒を画策しはじめる…

ホドルコフスキーは、逮捕時、当時のジョージ・W・ブッシュ大統領の父親である、ジョージH.W. ブッシュ経由で、ユコスの40%を、コンディ・ライスが前に勤めていた企業、シェブロン、あるいはエクソン・モービルに譲渡するという交渉の最中だった。これは、ロシアに残された資産、石油とそれを国有のパイプライン経由で西欧に輸出し、ドルを得るという、破綻したロシア経済の再建に石油を利用しようとするプーチンにとって大打撃となるはずの方策だった。続いて起きたロシア国家によるユコス告訴の中で、ホドルコフスキーは、彼のオープン・ロシア財団経由で、ロシア文化を支援するだけでなく、ロンドンのロード・ロスチャイルドと、こっそり契約をしていたことも明らかになった。 彼が万が一逮捕された際には、彼のユコス株の40%がロード・ロスチャイルドの手に渡るというものだ。

ワシントンはペンタゴンの戦略、つまり地球全体の支配に、敵対する十分な軍事攻撃力を有する地球上に残された唯一の大国を完璧に破壊するという目標を達成するため、このロシア人を利用しようとしたのだ。その観点から見れば、うんざりする様な甘い言葉 “人権” も、全く違った意味合いを帯びよう…



参考記事 http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-396f.html




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安倍首相の靖国参拝で中韓大騒ぎ 「首相は中韓見限った」 「 「安倍首相はずっと参拝のタイミングをはかり、環境が整ったと判断した」

収監10年、ホドルコフスキー氏釈放へ ロ大統領が政敵に恩赦 「彼には病気の母もいる」

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: