FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket



地下鉄サリン事件発生から20年。東京拘置所に収監されている教祖・麻原彰晃(松本智津夫・死刑囚)だが、この4~5年、三女・アーチャリーも含め誰も面会できていないという。

 現在の麻原の情報が秘匿される一方で、「死刑執行のXデー」は着実に迫りつつある。一部の法務省関係者からは「今年の5月16日執行説」まで飛び出した。

 1995年、地下鉄サリン事件をオウムによる無差別テロと断定した警視庁は山梨県上九一色村の教団施設に度重なる強制捜査をかけ、5月16日に麻原を逮捕した。その節目に死刑執行の可能性があるとの情報だ。

 オウム事件では逃亡犯の存在が麻原の死刑執行を難しくしていた。

 民主党政権時代の2012年6~10月に法務大臣を務め、在任中に4人の死刑執行命令書にサインした滝実(たき・まこと)氏は、「私が法相を務めていた頃は、一連のオウム事件で逮捕できていなかった逃亡犯がいたために麻原の死刑を検討する段階になかった」と語る。

 しかし、2011年12月31日に約17年間逃亡していた平田信が警察に出頭、翌年には菊地直子と高橋克也が相次いで逮捕され、特別指名手配されていた容疑者全員が捕まった。これで潮目が変わったと法務省関係者はいう。

「3人は公判中だが、いずれも麻原の証言は必要ないとされている。最も進行が遅い高橋の一審も4月に結審する見通しだ。共犯者の刑がすべて確定するまで死刑を執行しないのが原則だが、それはあくまで慣習で、すでに麻原から新たな証言を得ることは絶望的だ。法務大臣の署名があれば、死刑執行はすぐにでもできる」

 現政権の思惑が執行を後押しするとの見方もある。大手紙政治部記者がいう。

「閣僚スキャンダルやアベノミクスの低迷で、政権の求心力低下は時間の問題。徐々に支持率が低下していく危機感が官邸内にある。だが、麻原の死刑を断行すれば“決断する内閣”という印象を国民に与えられる。上川陽子・法相はオウムの監視を目的とする団体規制法を存続させるなど、対決姿勢を鮮明にしている。決断する可能性は十分にある」

 それでも刑事訴訟法479条の問題が残る。「死刑判決を受けた者が心神喪失の状態にある時は執行を停止する」としている。拘置所や裁判所で意味不明な発言を繰り返し、面会者の前で自らの性器をいじるなどの「奇異行動」が目立っただけに、死刑執行の判断は慎重にならざるを得ない。

 前出の滝氏は「本当に心神喪失の状態にあるか否かは最終的には法務省が判断することになる」と語る。麻原の命は安倍首相の意向と法相、法務官僚の手に委ねられている。

(文中の死刑囚、受刑者、被告等の表記は略)

※週刊ポスト2015年4月3日号


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

【断末魔の中韓経済】中国経済“デフレ地獄”崖っぷち 3度目利下げ、経済指標は疑惑だらけ

米、韓国に重大疑念 リッパート大使襲撃事件「極秘調査」開始

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: