FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket



2015.08.19 ZAKZAK


経済が低迷する韓国を海外投資家は完全に見放そうとしている。企業業績悪化や景気低迷を受け、欧州系資金を中心に韓国株売りが止まらない。追い打ちをかけるのが中国の株バブル崩壊と人民元切り下げだ。最強の投資銀行と異名を取る米ゴールドマン・サックスも韓国経済の中国への依存度の高さを指摘、中国が経済失速するなか、韓国の共倒れも避けられないのか。

 「グッバイ、コリア?」と題して海外投資家の動向を伝えたのは聯合ニュース。韓国市場で外国人が6月に3890億ウォン(約413億円)の株式を売却したのに続き、7月には約2兆ウォン(約2127億円)を売った。外国人の株式保有割合は30%を割り込み、2009年8月以来約6年ぶりの低水準に。海外投資家が「セル・コリア(韓国売り)」に転じたという。

 特に欧州系資金の韓国離れが激しく、6、7月で計5兆5000億ウォン(約5851億円)を売り越したとしている。

 8月に入っても海外投資家の売りの勢いは止まらず、13日までに今年最長となる7営業日連続の売り越しを記録した。

 韓国の代表的な株価指数である韓国総合株価指数(KOSPI)は4月に2173の年初来高値をつけたが、中国が人民元の切り下げを始めた今月11日に2000の大台を割り込み、17日には1968と約半年ぶりの安値水準まで下落した。

 中東呼吸器症候群(MERS)感染が拡大した6月の下落局面でも2000台を維持したが、MERS禍による安値を下回るという深刻度だ。

 「世界経済9月危機説」と報じた聯合ニュースは、「人民元ショックや米国の利上げなど世界的な危機が発生した際、韓国は世界で最も大きな衝撃を受ける」とした。

 とりわけ、中国経済への依存度が大きいことが問題視されている。米投資情報誌バロンズ電子版によると、世界の機関投資家が使う代表的な指標であるMSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)の指数に組み込まれたアジア新興国の企業についてゴールドマン・サックスが分析したところ、売上高に対する中国の寄与度が高いのが台湾(13%)と韓国(9%)だったという。

今年1~6月の韓国からの輸出のうち、中国向けは最大の25・5%に達している。一方、中央日報によると、韓国国民が投資する中国株ファンドは7月時点で7兆4000億ウォン(約7873億円)で、海外株式投資全体の約39%にのぼる。

 製造業の景況感を示す韓国の7月の製造業購買担当者指数(PMI)は47・6と、中国(47・8)を下回る水準だ。6月の46・1から改善されたものの、生産や新規受注が悪化したほか、雇用も昨年11月以来最速の比率で減少しているという。

 MERSの傷跡も深い。聯合ニュースによると、国内線の航空機は回復してきたというが、国際線の旅客数は6月が12%減、7月は15%減と落ち込みが続く。

 今年4~6月期まで5四半期連続で前期比0%台の低成長が続く韓国経済の構造的な問題について「財閥制度が諸悪の根源だ」と語るのは、週刊東洋経済元編集長の勝又壽良氏。

 「確かに4~6月期はMERSの影響が大きいが、韓国経済の構造問題を放置してきたツケが回っているともいえる。韓国はこれまで財閥による寡占経済を利用して輸出特化路線を鮮明にしてきた結果、経済をいびつなものにした。背景には力のある者に頼ろうとする“事大主義”があり、財閥依存や中国依存にもつながっている」と指摘する。

 そんななか、朴槿恵(パク・クネ)大統領は13日、財閥トップを含む6527人の特赦を実施した。系列会社の資金横領などで懲役4年の刑に服していた大手財閥SKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長ら財界人14人を含む計約6500人が、刑の執行免除や減刑などの対象となった。崔氏は14日に釈放され、SKグループの会長職に復帰した。財閥にメスを入れるどころか、景気回復へ財閥依存を強める朴政権には、抜本改革などできそうもない。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

韓国空軍は「ブラック企業」だった パイロットの異常な離職率…給料安く、機材も不安 「ふぬけ扱い」で士気低下

黒人ドナーからの肝移植でロシアの白人が褐色の肌に。本人は至って健康。

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: