FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


時事ドットコム

首都東京の鉄道の大動脈、山手線などJR沿線でケーブル火災が相次いでいる。今月に入り線路脇で起きた4件に加え、JRの変電所でもケーブルが焼けていたことが29日、新たに判明した。JR東日本関係者は「ケーブル火災は年に1回あるかどうか。異例の頻度だ」と話す。警視庁は警戒を強めるとともに、連続放火の可能性もあるとみて捜査している。
 捜査関係者によると、山手線火災の4日前の23日午後8時ごろ、JR東の品川変電所(東京都品川区)で出火。敷地内にあるケーブルの被膜が燃え、付近には熱で溶けたペットボトルやティッシュペーパーの燃えかすのようなものもあった。
 当時、敷地内は無人。付近の防犯カメラには、自転車に乗り、帽子をかぶった不審な男が写っており、警視庁は行方を捜している。

11954560_1005798386138459_2719938684645969819_n.jpg



 変電所から60メートルほど離れたJR敷地内でも16日午前、雑草が燃える不審火があった。現場には液体入りのペットボトルがあり、警視庁が調べている。液体は油ではないとみられる。
 一方、線路脇のケーブル火災は10日余りで立て続けに4件起きた。16日に東北線の第二王子踏切(北区)の線路内で、ケーブルカバーが焼けた跡が見つかった。JR東などによると、同踏切では、5月25日にもケーブル付近にあったごみに焦げた跡があったという。
 中央線では今月18日、高架下の高圧送電ケーブルが、22日に線路脇の通信用ケーブルのカバーが焼けた。27日には山手線2カ所でカバーが燃えた。(2015/08/30-00:38)


0150829at59_p.jpg


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「習近平にドッグフードを喰わせろ!」。中国の国家主席を、アメリカがこれほど冷たく迎えたことはなかった。中国の主要都市で中国人と日本人駐在員に取材し、失速する中国経済の真相に迫った。

韓国空軍は「ブラック企業」だった パイロットの異常な離職率…給料安く、機材も不安 「ふぬけ扱い」で士気低下

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: